楽天的

今日、印象に残ったこと。

世間話の中で

「わかこさん、基本的に楽天的ですよね。
自分もそうなんですけど、自分は、日々、不安に苛まれたり一日中イライラしたりしてるんですけど、基本的には、ぼーっと、ああ、幸せだなあと思ってたりする感じ」

というのを聞いて、その感じめっちゃ分かる!!!って思いました。

 

常にハッピー♪ 充実感でキラキラ☆っていうわけじゃないし、なんなら不安や怒りで頭がいっぱいになることが多いくらいなんですが、基本的な前提や認識は、たぶん「幸せ」なんですよね。

 

昔、ある人が「人生って辛いじゃない? 生きるって苦行だと思うんだけど、でも、私は…」と話し始めた時に、「え?ちょ、そこまで思ってないんですけど」って動揺して、その後の話が全然頭に入ってこなかったことがありました。

その話の続きは、「それでも◯◯という風に考えて、今はいい感じになった」という主旨で、わりとポジティブな流れを意図した内容だったと思うんだけど、前提がネガティブ過ぎてついていけなかったという…。

 

また、別の人が、「みんな生きてると毎日が辛く苦しいことが続くけど、でも◯◯◯…」って話しはじめたことがあって(んー、なんかニュアンスが違うな。なんて言ったか忘れたんですが、人生は苦しくて辛いと断言してたんです)。
で、そのときも「え?いや、苦しいけどそれしかないわけじゃないよ」ってなって、全然頭に入ってきませんでした。

「この人もそんなこと言うの?あの人が特別暗い認識というわけじゃないのかな??みんな人生ってそんなに辛いって思ってるの?」って混乱しちゃって、その場のしんみりムードにも全然ついていけなかった思い出(笑)

 

そういえば、更に別の人がfacebookで「人生ってなんでこんなに辛いんだろう」って書いてるのを読んだ時も、全然共感できなかったな。

 

自分では特に自覚してなかったのですが、私がもともと「人生は辛いものだ」と思ってたら、たぶんすんなりと「そうだよね、人生って辛いよね」と思うはずで。

すんなりと思わないということは、人生を辛いものとは捉えてないということなんだろうなあ。つまり、前提は幸せなんだろうなあ、と思ったわけです。(回りくどい)

それを楽天的といわれれば、そうかも。

そうか、私は楽天的なのか。なるほど。

と思ったのが、今日のハイライト。

…ハイライトでもないけど笑

 

ここ数か月、ブログもSNSもあまり更新しなかったのは、手の故障でメンタルやられてて落ち込んでたからなんですが、それでも前提は「幸せ」なのかもってその時思ったもので。

メンタルやられて落ち込んでたけど、それでも「人生は辛いもの」とは思わないもんなあ。

 

 


大雪の次の日の写真をFlickrにアップしました。

改めて写真で見ると、この風景、東京じゃないみたいですね。

雪の日

About